2015年7月23日木曜日

8月9日 渋谷にて講演。

突然ですが、

8月9日、渋谷の花田学園にて日本の有資格治療の可能性、今後の展開等についてお話をすることになりました。

ブログの読者はきっとご存知かと思われますがカイロプラクティックだけでなくアメリカでは様々なプロが効果的な治療を医学的に追及しています。

逆に日本では様々な治療法はありますが、医学的に追及することがあまり行われていない様です。治療法に関しては沢山素晴らしい方法もありますが、残念ながらそれでは医学になりません。

民間療法、自然療法は効果的で副作用が少なく素晴らしい方法です。
しかしこれらは医学ではなく独自の価値観に基づくことが多い様です。

私たちがアメリカで行う治療法とは医学的な診断に基づく副作用の少ない治療法です。
日本には医師との溝を埋める効果的なエビデンスベースの医療が必要なのです。

今回は世界の誇る心臓外科医 Proferror 南和友先生と一緒にこんな話を行います。
ドイツの長い臨床を経て、日本へ帰国された先生も日本の医療改革の必要性を話しておられご賛同いただくことができました。
日本で医療を行っている方は是非先生の著書を読んでみてください。
きっと感動されるはずです。

そんな伝説のドクターとジョイントでお話させていただくことになり、多少のプレッシャーもあるのですが、そもそも私がアメリカに医療を学びに来た理由はこの日本の医療を変えることが目的でした。

有資格者のなかで今の日本の現状に大変満足している、将来の展望は有望だと考えてみえる方はほとんどいないと思います。
業界のつながりも薄く、多数の業界がそれぞれの主張をしなければならない状態です。

資格の枠を超えてエビデンスベースの筋肉骨格治療法を日本へ伝えることができれば日本の医療はもっと良くなるはずです。

そんな話に興味のある方に足を運んでいただければ幸いです。

講演会の対象は日本における有資格、国家資格所持者、その学生に向けてのお話をする予定ですがどなたでもご参加できます。

当日お会いできることを楽しみにしています。






0 comments:

フォロワー

  © Blogger templates Psi by Ourblogtemplates.com 2008

Back to TOP