2014年8月26日火曜日

ランナー 膝の痛み ニューヨークのカイロプラクティック的考え

ランニングの季節です。
ニューヨークマラソンも近づいてきました。
私も個人的にメンテナンスを受けながらニューヨークマラソンに向けて練習中です。
ランナーの痛み、苦しみを感じる毎日ですが、感動のゴールを目指してトレーニングしています。


この時期になると、ニューヨークマラソンの関係でランニングの膝の痛みでお困りな方を
よく拝見します。

一つ重要なことは、

『膝が痛いからといって膝が原因とは限らない』ことです。

こんな話をすると、いつも『医学的な診断が大切』と言っているくせにと
思われてしまうかもしれませんが。
勿論、医学的な診断は最も大切な事で、半月板や骨、靭帯、軟骨の損傷を整形外科検査、
MRI等で確認する事は最も大切と言えます。

ただ、『何故半月板が故障したのか?』

これが私の言う原因の部分です。

急激なトレーニング、栄養状態、間違った靴、いろいろな角度から問題を探しますが、
医学的な全身の機能検査を無くして簡単に答えは出ません。
私達の場合は筋肉、骨格系の診断、治療が専門なので、特に膝の周囲の筋肉、靭帯の損傷は勿論、股関節から背骨、首の動きまで考慮して体の動きを分析して診断をだします。
さらに、栄養、走り方、靴の減り方等、様々な角度から分析も大切です。


『膝の痛みの原因は靴だ』、

『膝の痛みは骨盤のズレから』

『膝の痛みは走り方が原因』

こんな感じで簡単に言い切れればどれだけ楽かと思いますが、医学的な診断はこんなに簡単ではありません。手術適応の症状も治らない症状もあります。

どんな症状でも、痛みを出した本人が自分で症状を分析、診断できるほど甘くはないことがほとんどです。


大切な事は、膝が痛いからと言って、膝だけに注目して、レントゲン(骨しか写らないのでほとんどの場合アスリートの膝の診断には役立ちませんが)、MRIで診断、手術と答えを出してしまう前に、最低限、体全体の機能性を診断し、副作用ない治療を受けることが大切です。

また、薬は痛み、炎症を抑える効果はありますが、構造的な故障を治すことはありません。

膝の痛みが出たら、痛みの部分だけに集中せず、大きな視野で症状を捉え治療を受ける事が大切です。

と、先日の追い込み(柔術+ランニング)で自分の膝に痛みが出たので書いてみました(笑)。
私の症状は早期発見、早期治療をしたので現在は完全復帰して通常トレーニングをこなしています。


0 comments:

フォロワー

  © Blogger templates Psi by Ourblogtemplates.com 2008

Back to TOP