2014年2月19日水曜日

レントゲンは必要か? アメリカ、ニューヨーク的カイロプラクティック。

アメリカのカイロプラクティックは『レントゲンを撮る』
ことで日本の一部の治療家に知られています。

また、日本ではMD、医師しかレントゲンを撮る事ができないので、接骨院、カイロプラクティック、整体等でレントゲンを撮る事はありません。

そして、昔の世代のカイロプラクティックがアメリカで常にレントゲンを撮っていた事もあり、現在でも日本ではカイロプラクターの多くが初診時にレントゲンで背骨のズレを探すと考えられています。

はっきり言ってしまうとこれは間違いで、すべての患者さんにレントゲンは必要ありません。

解りやすいルールで足首を出しますが、
例えば足首の捻挫にしても、レントゲンの必要が無い事は多いのです。
『オタワ アンクル ルール』

これはいつ、どのタイミングでレントゲンを撮るかを決める為のルールで、
逆に言うとこれ以外はレントゲンが必要ない事を意味します。

詳しく読むと、sensitivity が非常に高く、有効な方法であることも解ると思います。
(これはこの検査、お話がどれだけ信憑性があるのかを知る為の数値で、検査の最も重要な数値とも言えます。)

詳しくは書きませんが、腰痛、首の痛みでも同様で、いつレントゲンが必要かは
『気分次第』でも『直感』でも『全員に必要』でもなく、
ルールがあるのです。

もう一つ、首に関しても、その昔は良く言われた、『ストレートネック』
これはレントゲンで
頸椎(首の骨)の正常なカーブが無くなってしまった状態について一般的に
表現する言葉なのですが、

痛み、症状とこの『レントゲン画像』に関連性は無いとのリサーチが出ています。
つまり、首の曲がり方を見る為レントゲンを撮る事に意味が無いことを意味します。

横から見た首のレントゲンで『首のカーブが無くなっているから痛いのです』
との診断を受けて悩んでいた方も、

『首のカーブが治らなくても、痛みは治る』可能性がある事を指します。
逆に言うと『首のカーブが治っても痛いまま』の可能性もある訳で、
恐ろしい話ですね。

そもそも一般的な腰痛、首の痛みの多くが軟部組織の損傷。
これらはレントゲンでは診断不可能なので、必要も無い訳です。

ただ、レントゲンが必要なケースも沢山あります。

結論としては、
素人で判断することは難しいので専門医の判断に任せてください。

また個人の判断基準を持つ方も多いので、レントゲンを撮るタイミングなどで
医師の善し悪しは解りません。

また結論が非常に曖昧になってしまいました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

未だフェイスブックにコメントが来た事は無いのですが、どなたかいかがですか?
そもそも最後まで読んでいる方は何人見えるのでしょうか??
不安な限りです(笑)。







0 comments:

フォロワー

  © Blogger templates Psi by Ourblogtemplates.com 2008

Back to TOP