2013年1月30日水曜日

ニューヨーク ジャピオンさんの取材 

少し前にニューヨークジャピオンさんから取材を受け、
いろいろと質問に答えさせて頂きました。

いつもの調子でお話をさせて頂いたのですが、文章にして頂くと育った実家の生活から
私のカイロプラクティック人生がスタートしていたことが良く分かりました。



以下NYジャピオンさんからの引用です。

ニューヨーク ジャピオンさんの記事

――ご実家は代々続く整体院とのことですが、どんな環境で育ったのですか?
 幼いころから、自然な状態でいかに健康でいられるかということを、教えられてきました。例えば風邪薬というものを飲んだことがないんですよ。風邪をひくのは免疫力が下がっているのが原因で、それを治す薬はない。しっかり睡眠や食事を取って休みなさいと言われて育ち、それが当然だと思っていました。体を故障した場合は手技の治療を施され、痛み止めを飲んだことがありません。

――健康管理に関するそういった姿勢は、今の生活にも生かされていますか?
 週に3回は水泳やランニングをし、サーフィンを趣味にしています。また最近はブラジリアン柔術も始めました。アクティブに体を動かしながら、元気な状態にチューンアップしておくことが非常に大事だと思っています。毎日8時間は睡眠を取りますし、食事も健康に留意してオーガニックのものを中心に摂取しています。

――健康な体をキープするために大切なこととは?
 わたしはカイロプラクターですから、筋肉や骨格、関節といった部位の故障を、解剖学と生理学に基づいて診断し治療しています。この「診断」が非常に重要。原因が分からないと治療もできません。でも腰痛、肩凝り、ひざの痛みといった症状を抱えている人の多くが、その原因を分からないまま、自己流でマッサージやヨガに行って対処してしまっています。

――確かに、症状が出たときだけ対処療法に走ってしまうことって多いです…。
 でもそれでは仮に症状が一時的に消えても、根本的に治っていないため再発する可能性が非常に高いんですよ。痛みの原因はさまざまで、腰痛一つにしても運動不足で背骨を支える筋肉が落ちているのが原因かもしれないし、座り方や歩き方といった生活習慣の中に問題があるのかもしれない。わたしは患者さんの痛みを取りのぞいたら、それだけで済ませず、一人一人に合ったエクササイズや運動療法をお教えしています。痛みにコントロールされるのではなく、自分で症状をコントロールできるようになることが、再発を防ぎ、健康を維持するために一番大切なことです。

――このお仕事の醍醐味(だいごみ)とは?
 ニューヨークには、将来の夢やリタイア後の人生のために、健康な体を維持しようと努力している意識の高い人がいっぱいいます。そういった方々のお手伝いをできることが、この仕事の喜びですね。

――――――――――――
編集後記
 健康とは失って初めて価値が分かるもの。仲野さんが言うように、こまめに「チューンアップ」しながら、心身共に健全な状態でいたいと思いました。 (甲斐田)

0 comments:

フォロワー

  © Blogger templates Psi by Ourblogtemplates.com 2008

Back to TOP