2013年1月21日月曜日

ニューヨークの腰痛

ニューヨークでの腰痛もいろいろですが、圧倒的に多いのはビジネスマンの座りっぱなし、運動不足の腰痛です。

重いものを持った

慣れない運動をした等

理由がはっきりしている患者様は妙に納得して治療に来院されますが、座っていて立ち上がったなどの理由は納得できない事が多い様です。

結論から言ってしまえばこれらの腰痛は

筋肉、背骨、骨盤の不具合、故障が原因で起こることがほとんどです。

運動同様に座っている、座りっぱなしの状態でも体を支える筋肉は酷使されています。

体を使っていないのに何故痛めたのか?
と考える方が多い様ですが、偏った生活習慣で
偏った体の使い方をしていては故障が起こるのも当然と言えます。


どんな腰痛でも同じですが、最も重要なことは『診断』です。

そして、自分の腰痛を自分でしっかりと理解することが何よりも重要です。
急性の『痛み』は薬、マッサージ、注射、温泉、鍼、整体、カイロプラクティック等
何をしても楽に『軽減』しますが、この医学的な『診断』を無くして完治はしません。

本当の原因を医学的根拠に基づいて診断治療することが、私達の治療特徴です。

ニューヨーク的、ビジネスマンアスリートの腰痛も多いのですが、
これはまた次の機会にしたいと思います。





0 comments:

フォロワー

  © Blogger templates Psi by Ourblogtemplates.com 2008

Back to TOP