2011年1月26日水曜日

パーカーセミナー ラスベガス

毎年ラスベガスで行われるパーカーセミナーに行ってきました。日本から弟も合流しなかなか有意義なセミナーになりました。
このセミナーは学生の頃から何度も足を運んでいるセミナーなのですが、昔ながらのカイロプラクティック哲学などを伝え続ける、アメリカで最も大きいカイロプラクティックセミナーの一つです。セミナー会場も5つ程あり、同時に何個ものセミナーが開催され、世界中の寝台、治療器、健康食品などなどを売る業者も集まり会場はカイロプラクティック一色です。ヒルトンホテルで毎年行われるのですが、ここの宿泊客もカイロプラクターだらけで、部屋からエレベーターまで歩く間にも首から名札を下げたセミナー参加者に遭遇し、カイロプラクティックトークに花が咲きます。

さて、今回改めて考え直したことの一つがカイロプラクティック哲学でしょう。脳から出た神経は背骨を通って全身に行き渡りますが、この神経が背骨のズレなどによって阻害されると体の治す力が100%発揮できないという話です。
この背骨の問題点を治療するのがカイロプラクティックです。
この話はカイロプラクティックをしている人なら常識で誰でも知っている話なのですが、改めて自分の治療と照らし合わせて考えました。
私達だけでなく、アメリカの大半のカイロプラクターは背骨だけでなく筋肉も治療します。これは治りが早いからなのですが、実はこの筋肉の治療も背骨から出た神経の働きを高める大きな働きをしています。
神経は筋肉の間を通る時にも軟部組織によって阻害され働きを落とす事があります。これらを治療する事で、手足のしびれや痛みが劇的に回復することも珍しくありません。筋肉を治療したり、手足など全身の治療も実は神経の治療もしています。いろいろなカイロプラクティックがあり、考え方がドクター次第のことは何回か書きましたが、結局どの治療法も人間の持つ自然治癒力を高め、体が治す手伝いをするという意味では全く同じです。

今回もアメリカだけでなく、日本から来たドクター達と何人も会い、話をしましたが、皆さん世界中で自分の好きなカイロプラクティックで患者さんを治療しています。
朝から夜までカイロプラクティックの話で、帰ったらすぐにカイロプラクティックで仕事をする先生達ばかりで、月曜日に仕事に戻るのがが待ちきれないと皆さん口を揃えて言っていました。
私はこんな家庭で育ってきたので当たり前ですが、これだけ自分の仕事が好きな人達は世界中でも珍しいかもしれません。

Read more...

フォロワー

  © Blogger templates Psi by Ourblogtemplates.com 2008

Back to TOP