2010年11月18日木曜日

セミナー終了

セントルイスのセミナーが無事に終了しました。久しぶりに解剖をしましたが、独特の雰囲気、においと共に見事に学生時代の思い出が戻ってきました。さて、解剖のポイントは背骨から出た神経などが筋肉、関節などを通過する際に障害を起こす箇所ををより詳しく観察する為でした。首などの神経圧迫(椎間板ヘルニアなど)は良く知られていますが、首以外の場所(肘、手首など)のその他の部位での神経圧迫についてはあまり知られていません。実はこれらの障害の方が首の損傷よりも頻度が多いことも証明されています。手、足などのしびれなどでMRIを撮ったが異常がない場合は特にこれらの恐れがあります。主根管症候群なども良く聞く名前ですが、主根管に原因がなく他の場所に原因があることが多いです。患者さんも医師も診断名にこだわりすぎて大きな絵を見落とさない様にすることが大切です。

0 comments:

フォロワー

  © Blogger templates Psi by Ourblogtemplates.com 2008

Back to TOP